おとめ桜

おとめ桜

家の前を誰かが通ると、もっちゃんが見張ってます。

優秀な番犬です。(^O^)

 

ここは、白河市の小峰城。

桜の季節は過ぎたけど・・・

ここにある「おとめ桜」が見たくて来ました。

おとめ桜

初代白河藩主丹羽長重は、幕府の命により小峰城の大改修を行い、石垣造りの城郭を築き上げました。その際、本丸の一角にある石垣が、幾度となく崩れ落ちてしまうことから、人柱を立てることになりました。たまたま、父に会うためにやって来た藩士和知平左衛門の娘「おとめ」が、不運にも捕らえれ人柱となったと伝えられています。小峰城の完成後、人々はおとめの悲運を哀れんで桜を植え、これが「おとめ桜」と称されるようになりました。~白河観光協会 おとめ桜説明板より~

う~ん、悲しすぎる(ToT)

桜が満開の時期に、また来てみたいな~。

ここで販売している「とうふアイス」

これで¥350かぁ~。

とうふの味が強いので、醤油(みたらし)を付けた方がもっとウケると思います。